JARICとは?活動内容JARICの由来沿革組織JA共済の取り組み
活動内容

JA共済事業の果たす役割の一環として、自動車修理技術をもって事故車両の修理面を担当するとともに、交通事故防止の一翼を担い社会に貢献することを目的としています。

研修会の開催

お客様のお車を「安心して任せられ」、「優良かつ迅速な修理」を行うため、各種技術研修会を行っています。JA共済幕張研修センターで主に行われる全国本部主催の研修会と各県本部で行われる研修会があります。

全国フロントマン選抜技術競技会の開催

会員工場のフロントマン技術向上を図るため、各県より選抜された優秀なフロントマンが参加し、2台の車両損害実車見積を行い、その技を競います。

広報啓蒙資材の作成・斡旋 教育資材等の作成・斡旋

会員工場の人材育成等のため研修用テキストの作成・斡旋を行うとともに、技術力向上、お客様へのサービス向上を図るためビデオの貸出を会員工場に行っています。

レッカー・ロードサービスの実施

JA共済にて24時間体制で実施している故障時の応急対応やレッカー移動について、JARICとしても積極的に参加し、このサービス実施の一翼を担っています。

自転車交通安全教室への車両手配

JA共済は警察等と連携して、中・高生対象の自転車交通安全教室の推進を支援しています。危険な自転車走行に伴う交通事故の実演(スタントマン)のためにスタントマンが使用する車両、積載車両の手配にJARICとして協力しています。

自転車交通安全教室への協力実績はこちら

JARICニュースの発行

新しい自動車整備技術情報やテクニカル入門講座、会員工場紹介などを通して会員工場のさらなる技術力等の向上を図るとともに、JA共済ならびに自動車保険動向等の情報等について会員工場に提供を行っています。